UNI Apro/情報労連青年ワークショップ 2日目

UNI Apro/情報労連青年ワークショップ2日目。参加者は終日、チーム課外活動「Discovery@UNI Apro you(th)’s」を行なった。活動の目的は、チームワークの実践。

6つに分けられたチームは、前日の入念な準備に基づき、公共交通機関を利用してのクアラルンプール市内の観光ポイントや商業施設・会社の訪問、そこで働いている労働者や街中の人への労働組合に関するインタビューという課題に取り組んだ。

各グループは、ペトロナス・ツインタワーやリトル・インディア(インド人街)、ムルデカ広場とその周辺、中央郵便局などの中から、自分たちで選択した少なくとも2ヵ所を巡った。中には、8ヵ所も訪問した積極的なチームもあった。

観光ポイントや商業施設を訪れた各グループは、そこで働いている人々に仕事の内容や労働組合についてインタビューを行なった。参加者からは、「実際にインタビューを行うことでリアリティがある話ができた」、「内容の濃い活動であった」などの感想が述べられた。

本日金曜日は、イスラム教徒のお祈りの日。我々のチームのイスラム教徒2名は、お祈りの時間の1時間、別行動でモスクに向かった。日本では宗教習慣の違いを感じることが中々ないことから、海外に来たことを改めて実感したエピソードだった。

課外活動を無事に終え所定の時間までにホテルに戻った各チームは、夕食までの時間と、夕食後の時間を使い、最終日(3日目)に予定されている報告会に向けた準備を行なった。ほぼ全てのチームが、会議室の閉まる午前1時まで作業を行っていた。本日の課題を全員でクリアすることでさらにチームワークが深まったように感じた1日であった。

DSC_1029 DSCN0069


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。