労働者の闘いと勝利への決意

“Here Comes The Sun-労働者の闘いと勝利への決意”を詠った抒情詩“Making It Happen!”

2,500人を超える開会式参加者は、200人の地元の若者による素晴らしいショーに魅了された。カルチャー・リバプールのクレア・マッコルガン部長は、UNIから要望のあった「英国労働運動150年の歴史」を語り、最後は未来志向の大会テーマで終わる、というコンセプトをいかに表現するか、2年かけてUNIと共同作業でつくった成果だと述べた。「まるで“UNIグローバル劇場”をつくったようなもので、とても素晴らしい経験だった。若者にフォーカスを当ててほしい、リバプールでしか見られないものにしてほしい、しかも一言も言葉を使わずシンプルに!等々、フィリップの要望を最初受けた時は果たしてできるのかと思ったが…。若者を巻き込み、しかも殆どの若者にとってこの規模のパフォーマンスは初めてだった。リバプール市が関わったパフォーマンスの中でも屈指の作品だ」と誇らしげに語った。「今夜一度きりのパフォーマンスではなく、このプロセスに関わることでインスピレーションを受けた個人や団体にとって後世に残る遺産になった。また、労働の未来にまつわるメッセージを考える過程で、市としての考え方も形成されてきた。」

カルチャー・リバプール、リバプール・ジョン・ムーア大学、バルセロナ芸術大学、リバプール・エブリマン・プレイハウス・ユース劇場との素晴らしい国際的なコラボレーションに加え、地元の合唱団とバンドの協力を得た。

ストーリー

不景気の高波に飲まれ、生存者が乗った救命ボートも沈みかけていた。すると暗闇から灰色の船が助けに現れた。灰色の船長と船員は生存者に、食べ物や衣服を与え、使い捨ての消費財を与えた。間もなく、生存者は彼ら自身が梱包され販売されていることに気づいた。生存者は灰色の船員に立ち向かう。船の制御をめぐって激しい攻防が繰り広げられる。今度は、大嵐が起こり、船上の人々は離れ離れになり滅びてしまいそうになる。もうダメかと思った時、生存者はSOSを発した。過去150年の労働組合運動が助けに来たのだ。組合旗は船を救う帆のようにはためき、組合員は船を元のように安定させた。組合が関与したおかげで、生存者と灰色の船員は一緒になり、船を操航し、コミュニティの声によって新たな方向へと進んでいくことになった。それから全員で、新たに手にした「組織された協力関係」を祝福し、来たるデータの嵐の不確実性にも共に果敢に立ち向かうことを誓った。


コメントを残す