UNI世界P&M委員会議長来日

2014年5月19日、ウルフ・ベンソンUNI世界専門職・監督職(P&M)委員会議長(スウェーデン・エンジニア労組委員長)が来日した。議長は、余田UNI Apro P&M委員らUNI-LCJ加盟組合との意見交換を行うとともに、2014年8月28日にベトナムのハノイで開催されるUNI Apro P&M委員会、更に2015年春に開催予定のUNI世界P&M委員会への日本からの積極的な参加を呼びかけた。

情報労連では、2013年12月にマレーシア・クアラルンプールで開催されたUNI Apro P&M大会に出席した余田UNI Apro P&M委員(NTT労組交渉政策部長)、吉田NTT労組中執、宮原情報労連国際部長と再会。スウェーデンにおけるP&M労働者の組織状況やエンジニア労組による労使交渉の仕組み、労働者福祉、教育、エネルギー問題など多岐にわたり情報交換を行った。

また、損保労連では、組織化が難しい世界のP&M労働者の現状、ワークライフ・バランスの実現や内部密告制度の確立の必要性などの課題について共有した。田原UNIApro金融部会議長からは、M&Aによりマネジメントポストが減少する中、管理職のモチベーションをいかに保ち、専門職としての専門性を高めていくべきかなど、日本の損保業界のP&M労働者が抱える課題が紹介され、意見交換を行った。

FNIU ICTJ-1 ICTJ-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。