JP労組後援 UNI Apro郵便・ロジスティクス部会/APPC共同セミナーを開催

 2013年12月9~10日、UNI Apro郵便・ロジスティクス部会活動の一つの中心であるAPPUとの共同セミナーが開催された。

 本セミナーは、アジア太平洋地域の郵便部門の経営者の組織であるAPPU(アジア太平洋郵便連合)とUNI Apro郵便・ロジスティクス部会が共同で、アジア太平洋郵便大学(APPC)において毎年開催されている。

 参加者は主として各国郵便労組の若手組合員であり、国際郵便制度、UPU、APPU等の国際郵便の基本的機構、郵便を取り巻く諸問題、人事問題やオペレーションの改善などについて講義を聞き、自国の実態を持ち寄って討論した。日本からは、JP労組の五十嵐ゆかり組合員が参加した。

 セミナーは、2013年で14回目を迎えるが、これまで各国労組から多くの優秀な労組指導者たちが参加し、その中の多くの修了生が、各国の郵便労組で指導的な地位についており、指導者の育成にとっては極めて有効なセミナーである。

 また、今回の参加者が22名を数え、その半分が女性であったという事実も、UNIが進める40 for 40キャンペーンに前向きの影響を与えることになろう。彼女たちが各国でさらに活躍し、リーダーとなっていくことで、UNIの掲げる「各意思決定機構における女性代表を40%に引き上げる」という理想も達成されることになろう。

 P1080688

P1080590


コメントを残す