米国のゲーム関連労働者がストで画期的な勝利

米国ボルテージエンターテイメントが制作するモバイルゲーム「ラブストラック」のライター達は、8月上旬に同社経営陣が平均78%の賃上げと業務における透明性改善に合意したのを受け、画期的ストライキを終了して仕事に戻った。今回、ゲーム開発産業の労働者が初めて、ストライキにより結果を残したことになる。

ライター達は、労働条件を改善するため、全米通信労組デジタル労働者組織化キャンペーン(CODE-CWA)に支援を求めた。そして、米国の労働法では、独立業務請負人のストライキは保護されていないが、ストライキに踏み切った。リスクを冒してまでも、共通の懸念を抱えるライター達を団結させ、戦略的に組織化する努力を重ね、勝利を掴んだ。

「ボルテージ社のライター達は、スト決行というとてつもない勇気をもって、21日間に渡り団結して仕事をしなかった。それが空前の成功につながったのだ」と、クリス・シェルトン全米通信労組(CWA)委員長は興奮して語った。「CWAの組合員はスト決行の威力を理解している。我々はボルテージ労働者がCWAファミリーの一員であることを誇りに思う。直面する課題に団結して取組むことは、労働者の生活を改善させる最良の方法だ。ライター達の勇敢な行動は、テレビゲーム産業だけでなく、労働条件改善のために闘おうとしている他の人々の模範となる」と絶賛した。

「私の賃金がかなり上がって、とても嬉しい」と、ストに参加したライターの1人、フランシス・メイプルズは素直に喜ぶ。「でもそれ以上に、今回の勝利は私にとって重要な意味がある。自分の給料のためだけに闘っているわけではない、組合と共に、仲間のライター達の給料のために闘っているのだと思えるようになった。ゲーム産業の中で、本当に歴史的な勝利だ。」

スト期間中、「ラブストラック」のライターに公正な賃金を払うようボルテージ社に要求する請願書に、4,000人を超えるファンが署名した。ファンらは、ライターに対する更なる支援を示すため、ボルテージの組織化された労働者への支援基金に、7,723ドルをカンパした。