今後4年間のブレイキングスルー戦略計画を採択

UNIは2010年の長崎世界大会において、組織化及び労組の強化を目指すブレイキングスルー戦略を打ち出した。労働者の権利を勝ち取るためのブレイキングスルー(突破!)は、全ての地域と部会におけるUNIのあらゆるキャンペーン活動や組織化の取組みに一貫するスローガンである。2014年の ケープタウン世界大会以降、本部組織化基金の支援を受け、UNIは51カ国130の組織化キャンペーンを支援してきた。中欧で非常に成果を上げている組織化センターCOZZを設置し、コロンビアに組織化センターCOEを設置した。UNIは、50以上のグローバル枠組み協定(GFA)を締結しており、ジェンダー平等を含めた労働者の権利に関する企業の責任を明確にしている。2017年のG20では、持続的かつ責任あるサプライチェーンを構築するためのGFAの重要性がようやく認識された。

クリスティ・ホフマンUNI副書記長から、GFA及びグローバルな組織化キャンペーンについて説明があり、GFAがいかに各国における組織化と団体交渉に活用されているかの実例を紹介した。

フロアからは、大谷篤史代議員(全国農団労)が発言し、日本が人口減少や地域の過疎化・高齢化に直面する中、地域のインフラとしての機能を提供する農業協同組合組織の労働組合として、共助や自助、相互扶助の重要性や地域での協同組合運動の必要性を確認し、活動を展開していると述べた。一部の大企業・多国籍企業の農業参入を促し、農協を潰し小規模・家族農業を切り捨てる新自由主義的な政策に対抗するため、国際的に協同組合の役割を評価し、協同組合運動を強化・拡大する必要性を訴えた。

また、水本勝代議員(UAゼンセン)は、日本社会では、お客様の行動は常に正しいとの認識が強く、モンスター化する客を助長させ職場環境に悪影響を及ぼしている現状を報告した。流通・サービス産業は、悪質クレームが起因していると考えられる退職者の増加、接客応対の難しさから敬遠される傾向にあり、慢性的な人手不足となっている。労働者の尊厳を守るために、悪質クレームをなくしていく労働運動を進めていこう、と呼びかけた。

 

 

次の重点課題を含む2018~2022年度のUNIブレイキングスルー戦略(動議1)が採択された。

  • 組織化及び勧誘活動の戦略
  • グローバル協定及びグローバル労組同盟
  • 企業に説明責任を果たさせる
  • 団体交渉を守り拡大する資格審査委員会によれば、113か国523組織1,953人が参加している。代議員及びオブザーバーの男女比率は女性43%、男性57%、青年(35歳未満の男女)比率は5%だった。
  • また、2014~2017年度会計報告及び監査報告が承認され、UNI加盟費値上げ提案(動議2)も採択された。

資格審査委員会によれば、113か国523組織1,953人が参加している。代議員及びオブザーバーの男女比率は女性43%、男性57%、青年(35歳未満の男女)比率は5%だった。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。