UNI Aproメディア部会、マレーシア加盟組合ワークショップ

2017年4月6〜7日、マレーシア・クアラルンプールにおいて、UNI Aproメディア部会はマレーシア加盟協(UNI—MLC)の協力を得て、ワークショップを開催した。開会式で、UNI Aproメディア部会の中村議長は、連帯の挨拶を行ない、今年9月に福島で開催予定のUNI Aproメディア部会大会への積極的な参加を呼びかけた。

メインテーマは「マレーシアのメディア部門における組織化」。メディアプリマ(TV3、プリマワークスタジオ)やアストロプロダクションの一般職労組及び管理職労組、国営ベルナマ通信労組、アルヒジュラ労組、作家協会、新聞労組等から30人が参加した。参加者は自己紹介の後、それぞれの組合の概要と直面する課題について報告した。

ヨハネス・ストゥディンガーUNIメディア部会担当局長は、UNIメディア部会の紹介と、組織拡大・組合強化の戦略計画について説明した。参加者は2日間のワークショップで、グループ議論を行い、2017〜2018年度のアクションプランをまとめる予定である。

ワークショップに先立ち、4月6日午前中、中村UNI Aproメディア部会議長率いるUNI代表団がアジア太平洋放送連合(ABU)を訪問し、モッタギ事務局長とUNI Aproメディア部会の協力分野について意見交換を行なった。UNI Aproメディア部会とABUは既に協力の覚書を結んでおり、モッタギ事務局長からは、メディアが果たせる役割として、「ジェンダー平等に関する啓発」、「多様な文化を持つアジア太平洋地域における平和の実現」等への貢献が挙げられた。また、メディアと民主主義、災害リスク軽減・防止、デジタル格差是正の分野での協力も提案された。


コメントを残す