インドネシア・エクセルアクシアタ労組大会

Indonesia-small

 

 

 

 

 

 

2015年4月24~25日、インドネシア・ジャカルタでXL(エクセル)アクシアタ労組の大会が開催され、大会代議員、来賓等、約60人が参加した。2003年の組合設立以降、初めての大会開催となった。XLアクシアタは現在、インドネシアでシェア第2位の通信事業者。昨年9月に野田議長を代表とするUNI Apro ICTS部会代表団がインドネシア通信事業者4社の労使を訪問、その中でXLアクシアタは会社側から副社長も出席し、非常に内容の濃い会合となった。XLアクシアタ労組はこの会合を機に活動が活発化し、大会開催に至った経緯がある。

開会式には、情報通信省と労働訓練省の代表、KSPIルスディ書記長、ASPEKミラ委員長、XLアクシアタ社パヒラ副社長が出席。また、UNI Apro ICTS部会を代表して野田議長が祝辞を述べた。開会式に引き続き、野田議長が「健全な労使関係の必要性」について対話形式で講演し、自身の労働組合役員の経験も含めて説明した。

大会では4年間の行動計画を策定し、新たな執行部を選出して閉会した。委員長に再選されたアンワー氏は、「今年中に労働協約を締結し、組合員数を増加し、良い組合を作っていきたい」と抱負を述べた。

XLアクシアタはインドネシアの経済発展に伴い、順調にシェアを伸ばし、組合も毎年賃上げを行ってきた。しかし、昨年のM&A等が影響して業績が低迷、今年は賃上げが行われなかった。また、まもなく導入予定の年金制度が労働側にとって不満がある内容となっているなど、課題は山積している。まずは、労働協約を締結する事こそ、健全な労使関係につながるだろう。現地労組の状況改善につながるよう、UNI Apro ICTS部会として、今後も必要な支援を行っていく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。