UNI書記長「新たなマグナ・カルタ」要請、ダボスで波乱を呼ぶ

2015年のダボス会議でジェニングスUN書記長は、CNNのリチャード・クエストのインタビューに対し、次のように述べた。「膨大な不平等には、革新的な解決策、つまり新たなマグナ・カルタが必要だ。雇用危機に立ち向かい、緊縮財政に終止符をうち、富の公正な分配と持続可能な成長を生み出していくための労働者憲章だ」

このメッセージは、「包摂あるいは『インクルーディング・ユー』に向けた新たなマグナ・カルタ」と一面で報じた英ガーディアン紙をはじめ、ダボス会議でマスコミに広く取り上げられた。2015年は、民主的権利の礎となったマグナ・カルタ制定から800年目の年にあたる。
最も多くの人がアクセスしたガーディアンのウェブサイト記事の中で、ジェニングス書記長の発言は詳細に引用された。「ダボス会議に来た政治家やビジネスリーダーは、失業や不平等、緊縮財政によって煽られた当然の不満が今にも吹き出す火山の上に座っているようなものだ。私たち皆が、この状況を変える必要性に正面から向き合っていく責任を負っている」
「この緊迫した不安な時代において、『冷静に進めよう』という姿勢は、もはや処方箋にはならない。労働運動は建設的な解決策を示すことができる。私たちの未来は、生活賃金、ディーセントな仕事、労働者が交渉の席につける団体交渉を基に構築されなければならない」

ガーディアン紙の記事全文はこちらから
http://www.theguardian.com/business/2015/jan/21/davos-unions-businesses-growth-employees-magna-carta-rights-workers

ジェニングス書記長が「インクルーディング・ユー」と呼びかけた新たなマグナ・カルタについては、以下ハフィントンポストの論説コラムにも掲載された。
http://www.huffingtonpost.com/philip-jennings/davos-man-sitting-on-a-vo_b_6508700.html

ビジネスニュース放送局CNBCの番組では、ジェニングス書記長は、ヴァルディス・ドムブロフスキス欧州委員会委員(ラトビア前首相)と、欧州の誤った緊縮財政政策について、論戦を交わした。
映像と関連記事はこちらから http://www.cnbc.com/id/102354034#.

ジェニングス書記長のメッセージは、「緊縮政策ではうまくいかない。欧州は方向転換しなければならない」というシンプルなものだ。ジェニングス書記長は、ダボス会議の参加者に対し、失業率の高いスペインやギリシャといった国々で起きていることの人々への影響について、直視することを求めた。政治家に対しては、成長と若者のための機会創出、より良いインフラとさらなる投資を求めた。緊縮政策を非難する中で、ジェニングス書記長は、「欧州はニュートラルのギアにはまりこんでしまった車のようだ」と述べた。

ジェニングス書記長を含む労働組合のリーダーは、今年のダボス会議でこれまで以上に大きく声を響かせた。

 

cnbc_jennings


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。