UIゼンセン同盟 インドネシアASPEK商業部門訪問(2009年2月2日、インドネシア・ジャカルタ)

1.2008年UNI-Apro/UIゼンセン同盟/ASPEK商業部門プロジェクト活動報告
ASPEK商業部門は数年前からUIゼンセン同盟と良好な関係を持っている。
これまでに、商業部門加盟組合の組織強化、組合員増加、経営者との関係の改善など多くのことを達成した。ヒーロー・スーパーマーケット労働組合は、労使関係構築における最良モデルの一つとなった。

ASPEK商業部門の組織目的を達成するための戦略:
商業部門加盟組合リーダーの思想の強化・向上のための様々な訓練(基礎訓練、権利擁護の訓練、指導力訓練など)
ASPEK商業部門各加盟組合の組合員増加
経営者・政府と協調的で公正な労使関係を構築すること
商業部門の労働組合をASPEKに加入させること
チェックオフ制度の実施によって、加盟組合の自立を促すこと

各単組の活動進捗状況
ヒーロー・スーパーマーケット労働組合
チェックオフの推進に取り組んでいる。
新規店舗を対象としてロードショーを実施し、①新規従業員の組織化②新規従業員に対する組合の重要性の周知を進めた。
2009年は、新規店舗のロードショー、P&MS(中間管理職)の組織化に力を入れる。
経営者との関係は良好で、LMC(労使協力)を通じて定期的に協議を行っている。労使協議会は通常月1回開催している。主な協議事項は、ロス削減のための協力、職場で起きていることに関する情報交換など。社内の訓練センターに組合から講師を派遣するなど、組合との連携・協力が進んでいる。
従業員の懲戒問題についても組合が関与している。

ユナイテッド・トラクター
団体交渉に関する会議を実施している。

マクロ
最近、韓国のロッテに買収された。その際、経営者が労働者に対し、雇用継続の意思を確認したところ、210名が退職した。買収後も労使関係には変化がなく、現在雇用は保証されている。また人事部長とは週1回協議を行っている。
重点活動は、①賃上げ交渉、②組合員の確認・データ化、③新規組織化、④団体協約案の策定、⑤臨時大会の準備(社名変更に伴う組合名称の変更、役員補充選挙など、2009年3月までに開催)。

ティップ・トップ
2009年の目標は団体交渉。協約案は既に会社に提出しており、経営側からの反応を待っている。組合としては、協約案の更なる改善点について協議している。その一つは派遣労働者の正規従業員への変更。2009年の団体交渉では、非正規労働使用の制限について交渉を行う予定。

ムスティカラトゥ
会社が美容部員を辞めさせ、派遣に切り替えようとしたため労使紛争が発生した。組合は勝利したが5ヶ月間の労使紛争の間に、組合員が減少した。元々組合員は60名いたが、契約労働への変更・解雇手当を受け入れた者、経営者の圧力を受けた労働者約30名が脱退した。2009年は脱退した組合員を元に戻すために組織化・組織強化活動を行う。

2.2009年活動計画
(1)部門全体の活動
ロードショーによる新規組合員組織化
LMC(労使協力)セミナー
メーデー集会(テーマは最賃など)

(2)加盟単組レベルの活動
ユナイテッド・トラクター:アストラ・グループ全体を対象としたLMCセミナーの開催
その他
(UIゼンセン同盟国際局部長 中野英恵)


コメントを残す