UNIマレーシア加盟協の71人がマレーシア労使関係裁判員に任命

2024年5月25日、UNIマレーシア加盟協(UNI MLC)の組合指導者71人が、セランゴール州の州都で行われた任命式で、マレーシアの三者構成による紛争解決機構である労使関係裁判所のパネル委員としての任命状を受け取った。

モハメド・シャフィーBP・ママルUNIマレーシア加盟協議長は、UNI MLCの指導者たちを同裁判所の労働者代表として任命したマレーシア人的資源相の信頼に対し、感謝の意を表した。

2022年から2024年までは65人の組合幹部が、2019年から2022年までは54人の組合幹部が、同裁判所にて委員を務めた。

シャフィ議長は、「任命された皆さんが、委員としての職務を遂行する際に、正義、責任、誠実さという基本原則に忠実であり続けてほしい 」と述べ、新たに任命された委員を激励した。

ラジェンドラ・アチャリヤUNI Apro地域書記長は、「UNI MLCから、労働者の代表として労使関係裁判所パネル委員に任命された71人のリーダーの皆さんを祝福したい。UNI MLCが『変革のために共に立ち上がろう!』と取組んできた証だ」と賛辞を送った。