UNI加盟組織、西アフリカでエリクソンと新たに2つの団体協約を締結

コートジボワールとセネガルのUNI加盟組織が、 スウェーデンの通信大手エリクソンとの間に新たに2つ団体協約を締結した。スウェーデンの援助団体Union to Unionが支援するエリクソン労組ネットワークが、西アフリカでの交渉成功の重要な鍵となった。

イノセント・ツンブ・エリクソンUNIアフリカ労組ネットワーク・コーディネータは、「新たな団体協約は、エリクソン従業員の生活・労働条件を改善するものだ。今、我々がネットワーク内でしている経験共有は素晴らしい取組みであり、セネガルでの交渉は良い事例だ。当地域の他国の組合も、このプロセスで成功事例を共有し、役割を果たしている」と喜ぶ。

2023年にエリクソンと団体協約の交渉をした際、UNIのセネガル加盟組織SNTPT-SYNEESは、すでにエリクソンと協約を締結しているガーナのUNI加盟組織CWUから助言と支援を受けた。

セネガルで交渉を主導したエリクソン・アフリカ労組/SNTPT-SYNEESのコーディネータを務めるセリンゲ・キンデ・セネ氏は、 「ガーナの組合が我々を鼓舞し、支援してくれた。協約締結の過程でガーナの組合が我々に経験を共有してくれたおかげで、協約の草案を改善することができた。協約を締結し、今度は我々がそれを西アフリカの他の国々と共有している。知識の共有が、勝利につながる」と経験共有の意義を語る。

コートジボワールでは、UNI加盟組織のSYNAPOSTELが社会保障と給付の不均衡に関して合意し、現在はエリクソンと団体協約に向けた対話を行っている。

キース・ジェイコブスUNIアフリカ地域書記長は、「今回の協約は、Union to Unionが促進するエリクソン・グローバル労組ネットワークにおける協力と、知識共有のパワーを示すものだ。さまざまな地域の組合が団結して互いに支援し、最終的に労働者にとってプラスの結果をもたらしており、非常に素晴らしい。この成果は、国際連帯の重要性と、世界中のエリクソン労働者のより良い未来を形成する上で団体交渉が果たす重要な役割を強調している」と述べた。

新しい協約のニュースは、2023年11月29~30日にスウェーデンのエリクソン本社で開催されたエリクソン・グローバル労組ネットワークの会議で共有された。2016年に設立されたこのネットワークは、世界中でエリクソン従業員の組織化と団体交渉を支援するプロジェクトであり、Union to Union、UNI、インダストリオールと、スウェーデンのUnionen、Sveriges Ingenjörer、SEKOの共同イニシアティブである。