ウェルズ・ファーゴの支店を組織化―米国の大手銀行では初

2023年12月20日、 ニューメキシコ州アルバカーキにある大手銀行ウェルズ・ファーゴの支店労働者が、5対3で組合結成を決議した。米国の大手銀行では初の勝利となる。組合員は、米国通信労組(CWA)傘下のウェルズ・ファーゴ労組に加入する。

アンジェロ・ディクリストUNI世界金融部会担当局長は、 「ウェルズ・ファーゴにおけるこの歴史的投票は、転換点となるもの。伝統的に組合を持たない産業においても、従業員が共通の目標のために団結すれば何を達成できるか、 労働者の集団的な強さとレジリエンス 示している」と祝福した。

組合は、人員不足、低賃金、運営の不備などの問題に取組み、ウェルズ・ファーゴ従業員の賃金と福利厚生の改善について提唱することを目的としている。

労働組合に敵対的なことで有名なこの業界において、 フロリダ州デイトナのウェルズ・ファーゴ支店の労働者も、 CWA加入を目指して組織化を行い、全米労働関係委員会に選挙を申請した。これは、11月にアルバカーキ(ニューメキシコ州)とベセル(アラバマ州)でウェルズ・ファーゴの労働者が行った2つの申請に続くものだ。

ニュースサイトのAxiosによると、現在、組合加入のメリットを享受しているのは、全米の銀行従業員の約1%に過ぎない。

デイトナ支店の行員は組合結成の動機として、人員不足、5年間上がっていない賃金、福利厚生の貧弱さを挙げている。

今回の組合の勝利は、ウェルズ・ファーゴ労組(CWA傘下)の全国的な取組みと、交渉権を求めて急速に拡大する金融労働者の闘いにとって、画期的な瞬間となった。