世界の郵便労組、スペインの郵便労働者への連帯を表明

2022年9月1日、UNI世界郵便・ロジスティクス部会委員会は、雇用を守り、公共郵便事業者コレオスの解体を阻止するために闘うスペインの郵便労働者への連帯を表明する決議を、全会一致で支持した。

スペイン政府は過去4年間、郵便事業の近代化や多様化ではなく、労働条件の悪化、不安定雇用の増加、数千人の雇用喪失につながる変更を実施しており、効率性は全く改善されていない。

コレオスの労働者を代表するUNI加盟組織FSC-CCOOとUGTは共に、破綻寸前であるこの重要な公共サービスに対する政府の誤った措置を、非難している。

ホセ・マヌエル・サヤグUGT郵便部門担当部長は、「我々は、公共企業の破壊や、常に公平で公正であり、スペインにおける良質な雇用の基準となってきた雇用モデルの破壊を受け入れることは断じてできない。公権力と政府の社会的責任が欠如していることは明白であり、我々がグローバルな組合運動の連帯を要請しているのはそのためだ」と述べた。

レッジーノ・マルティンCCOO郵便部長は、「過去4年間にわたる公共郵便事業の解体は極めて深刻であり、容認できるものではない。現在、我が国の5000万人以上の人々のユニバーサルな郵便サービスを受ける権利を危うくしている政府の郵便政策は根本的な変化が求められている」と語った。