ギリシャの銀行労連、新しい産別協定で重要な成果

UNI加盟組織であるギリシャ銀行労連(OTOE)は、ギリシャの銀行との間で、5.5%の賃上げや雇用保護への取組み、リモートワークの取決めを含む新たな産別協定を締結した。

組合が4月4日に出した声明の中で、ギオルゴス・モチオスOTOE委員長は、「不確実性、不安定性、団体協約の役割に対する疑念や攻撃が強まっている中、OTOEは3年間の全国的な産別協定を締結することができた。この協定によって雇用が保護され、賃金は5.5%引き上げられ、リモートワークを規制する枠組みが確立し、金融部門の労働者の安全、保護、見通しがさらに強化されることになる。OTOEが発信しているのは、より広範な社会的・政治的意味を持つ、楽観主義、自信、将来的展望についてのメッセージだ」と述べた。

3か月に及ぶ困難な交渉の末 、2022年4月1日に署名されたこの協定は、OTOE理事会で承認された。解雇からの労働者保護についての条項を含む唯一の全国レベルの協定である。

主な成果は以下のとおり。
・雇用保護に関する条項の大幅な強化:「両当事者は今後3年間、この部門の雇用を保護する意志を確認する。使用者は経済的/財政的理由による解雇を防止するため合理的な措置を講じる」。
・今後3年間で5.5%の賃金増額。
・1,000ユーロ超の基本給(新入社員)を導入。このような範囲の産別協定はギリシャで初となる。
・ギリシャの全国産別協定として、つながらない権利を含むリモートワークに関する初の枠組み。15 項目の枠組みは、企業レベルでのさらなる改善や具体化の基になる。
・年次休暇の付与条件を改善し、成文化した。
・金融部門の労働者のための調査・訓練活動や文化・スポーツ活動に対する使用者からの継続的な財政支援。

ギリシャの首都で、アンジェロ・デクリストUNI世界金融部会担当局長は、OTOEの勝利について「OTOEは、労働者が満足できる公正かつ適正な労働条件を確保できるよう、全国産別協定の制度を守る決意を示した」と称えた。