UNI-LCJ青年・女性意見交換会

第15回UNI-LCJユース英語セミナー(2015年7月3~5日、長崎)のために、ネパール、スウェーデン、台湾から若手役員が来日した。この機会を利用して、日本のUNI Apro青年/女性委員をはじめ加盟組織の青年/女性担当、国際担当等と意見交換を行った。情報労連、全印刷、UAゼンセン、全労金、損保労連、日放労、JP労組から13人が出席した。

ネパールテレコム労組のパルパサ・トゥラダー・カンサカールは、ネパールの労働運動が政治的・イデオロギー的理由から団結できていないと述べた。それでも、大地震をきっかけに労働運動全体として復興に全力で連携協力していくこと、UNI傘下の加盟組合は「地域に寄り添う労働組合」として被災者支援に取組み始めたことを報告すると共に、UNI-LCJからの迅速な支援に感謝した。

スウェーデン商業労組のラルス・エリック・ダニエル・カールステッド青年担当(UNI欧州青年委員会議長)は、スウェーデンの労働組合組織率が70%と高いこと、企業別ではなく産業別に組合がつくられていること等を紹介し、UNI欧州青年委員会議長として欧州全体の青年労働者の課題についても説明した。昨年のケープタウン世界大会への35歳以下の代議員比率が5%程度であったと報告し、2018年のリバプール世界大会では20%を目標にしようと呼びかけた。

台湾郵便労組のウー・シンフェン(ジェームズ)国際部副部長は、台湾の郵便サービスについて説明すると共に、2003年の公社化以降、異なる人事制度が共存することによる、組合の世代間の意識のギャップをなくすため、2013年に設立された青年委員会の活動を紹介した。

続いて、出席した日本の加盟組合から、青年活動、女性活動、男女共同参画の取組み等について簡単に報告があった。

意見交換会後には、懇親会で更に交流を深めた。

IMG2 for web P1120632 for web


コメントを残す