米国の銀行で歴史的な組合結成!

何十年もかかって初めて、米国の銀行労働者は組合結成に成功した。

全米通信労組(CWA)は2020年3月2日、カリフォルニア州オークランドのベネフィシャルステートバンクで、従業員の過半数が組合結成に賛意を示し、組合の権利を勝ち取ったと発表した。

「大手銀行で20年近く働いた後、コミュニティに投資するというコミットメントに惹かれ、ベネフィシャルステートバンクに入行して誇りに思う」と、同行のデザレイ・ジャクソン部長補佐兼「より良い銀行委員会」メンバーは語る。「組合を結成するという歴史的な出来事に、コミュニティへの公約が実行されたことを実感している。これを成し遂げた1人として光栄に思う。銀行員は、自分達のため、同僚のため、顧客のために、仕事に対して発言権を持つべきだ。それは権利であり、公正なことだから。」

ベネフィシャルステートバンクの113人の銀行員が、「より良い銀行委員会」のメンバーでもあるCWAに加入する。組合を通じて、報復を恐れることなく、より良い賃金、労働条件を交渉し、仕事に関して意見を言うことができる。

窓口係からコールセンターまで、全米の銀行産業の労働者は、「より良い銀行委員会」に加入している。2008年の悲惨な金融危機と、2016年のウェルズファーゴ不正口座スキャンダルが二度と起こらないよう、より良い労働基準と消費者保護を要求するためである。不祥事は、「より良い銀行委員会」に加入していたウェルズファーゴ労働者によって暴露された。

差別、低賃金、過度な販売目標、内部告発者への報復等、組織上の問題が山積していた米国の金融産業は、組合組織率が最も低い。

「今日、ベネフィシャルステートバンクは銀行産業全体に前例を作った。このように組織上の変化を促すため、産業全体で労働者を組織化していきたい」と、CWAのオルグ、エリン・マホニーは意気込む。

「たいてい、パワーバランスは不当に使用者側にある。株主利益の最大化に専心する組織が人間や天然資源を搾取するような活動を推し進めるのを、幾度となく見てきた」とベネフィシャルステートバンクのランデル・リーチCEOは述べた。「経済システムの中でパワーの不均衡と闘うことに、ベネフィシャルステートバンクの存在意義がある。」

12月に始まった組織化の取組みに先立ち、ベネフィシャルステートバンクは、カードチェック(従業員が組合加入カードに署名する)プロセスの間、中立性を保つことに同意し、組合結成という労働者の権利を認めた。

「欧州でも、アジアでも、南米でも、アフリカでも、銀行員は、米国のようにハラスメントや脅しに遭うことなく、組合を結成し加入することができる」と、UNI世界金融部会のリタ・ベルロファ議長は述べ、「ベネフィシャルステートバンクの勝利は、世界中の金融労働者を勇気づけるものだ。金融産業で働く労働者の声を強化すると共に、米国の金融産業にとって転機となった」と喜んだ。